FBA vs 出品者出荷

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - FBA vs 出品者出荷
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
[`tweetmeme` not found]
[`grow` not found]

どうも!型番違いの商品をFBAに納品してしまって、大量に返品する必要のあるアマポンです。自分で検品していないので、間違って型番違いの商品が届いて、FBA納品代行会社でも型番違いに気付かなかったら、そのままFBAで販売となってしまいます。対応策を考えておかないと手間が増えてしまいますね。

今日は、ある激しく価格下落しているある商品を、売り切るための赤字価格に設定し直しました。

この商品、小売りから小売りへ転売している、アービトラージライバルのいない商品で、もっぱらライバルは、一か月の評価が1,000を超す業者さんがひしめき合う商品でした。

ネットショップのセールで驚く安さで仕入れることができたので、業者さんと価格競争して販売してました(笑)

先月は18,000円で売れていたのですが、今週、一気に12,000円まで価格下落、来週には10,000円ぐらいまで下落しそうです(泣)

ちなみにFBA出品者は私のみという商品です。でも、評価件数が多いライバルは、FBAでもないのに、ショッピングカートをガンガン獲得します!

ショッピングカートを獲得すると、どんどん商品がうれるので、なんとかショッピングカートを獲得しなければいけません。このよな場合、どのようにショッピングカートを獲得するか?

同額に設定すると、ライバルはプログラムなのでしょう。すぐに価格が変更され、一気に1,000円ぐらい値下げしてきます。バイイングパワーが違いすぎるので、まともに勝負すると、どこまでも価格が落ちていってまともに利益がとれません。

相手を刺激せずに、どのようにすればショッピングカートを獲得できるか、いろいろ価格調整をして試してみました!

結論は+100円です!

相手がFBA出品ではなく、こちらがFBA出品ならば、こちらは100円上乗せした価格を設定しておけば、ほとんどショッピングカートを取ることができます。

価格帯が異なれば結果は異なるでしょうか、10,000円前後の商品なら、これでOKです。

最低価格を更新しなければ、ライバルの管理画面では自分が最低価格と表示されますので、こっそりショッピングカートを奪って、価格下落を抑えつつ販売していくことができます。

お互いFBA出品者だと通用しませんが、競争相手がいろいろなサイトで販売している出品者出荷なら通用する方法なので、ぜひ試してみてください。

コメントを残す